インタビュー 学習をサポートする14の成分 ラーニングアップはこんな時に



少子化の昨今、子供に対する教育熱は高まるばかりです。
また、学生時代はもちろん、社会に出ても仕事で学ばなければならないことは常にありますし、様々な資格試験にチャレンジする方も多くなっています。
まさにそのような生涯学習の世の中で勉強したことをもっと効率よく身に付けることができたら、人生において大きな成果を得ることができます。
では限られた時間の中で学んだことを、どうやったら結果に活かせるのか?
その答えを探していた際に出会ったのが、ある天然成分と栄養素のバランスでした。
効率の良い学習のために


3つのポイントとラーニングアップ

記憶と容量の関係

記憶には大きく分けて「短期記憶」と「長期記憶」があります。
「短期記憶」の記憶できる容量はある程度決まっていて、時間とともにどんどん消去されていきます。そうしないと新しいことが記憶できないからです。

例えば携帯やデジタルカメラで撮影した画像、古いデータは消去しなければ すぐにメモリーがいっぱいになって新しく撮影した画像を保存出来ません。

私たちも同じ仕組みで、短期記憶の大部分が数時間~1週間ほどで消えていきます。これでは勉強しても意味がありません。

では、どうしたらいいのでしょうか?
それはたまった短期記憶を、いかに側頭葉にある長期記憶の創庫に移せるかがポイントとなるのです!

もっと詳しく読む


大切なのは勉強に必要な栄養バランス

脳は寝ている間も休まず働いています。
そしてその睡眠時間を使って記憶の定着や思考の整理を行なっていることが分かっています。
つまり、しっかりと睡眠をとった方が記憶が定着します。
さらに、起きてすぐ復習を行うことでさらに記憶が定着するのです。

そして、長期記憶に移すのに大切なのが、ビタミンB群なのです。
ですが、摂ればいいというものではありません。

B6、B12、葉酸など、各ビタミンのバランスが大事なのです。

もっと詳しく読む


どんどん勉強が楽しくなる「ドーパミン」

小さいころ、「勉強しなさい」と叱られたことはありませんか?
多くの人はそう言われるとやる気が無くなってしまったのでは…。
私たちは嫌々やっても実になりません。

しかし、「楽しい」と思えば、自らどんどん吸収し、簡単に忘れることはありません。

人間は楽しいと感じている時、ドーパミンという物質が分泌されています。
ドーパミンは「喜び」を生み出す作用があり、「もっと頑張ろう」など、前向きな行動を起こす原動力となるのです。

もっと詳しく読む


↑このページの先頭に戻る